バツイチ養育費支払い中の彼とお金をためて結婚したい

彼と結婚を目指して、節約、副業、お仕事である福祉職の雑記アラサーブログ

彼の実家に泊まった!生活水準の違いを知る編

 

お盆に実家と彼の家に行きました!

彼が子供に会いに帰ると言う理由と私の親に彼が挨拶すると言う理由がメイン。

飛行機一番遅い便予約したので、どうしても彼の家にお世話にならなきゃ移動できないよ~ってことでお泊りすることに・・

 

彼の実家に行くのは2回目。

前に行ったのは2年くらい前で彼の家族みんな顔も覚えてないぐらい。

とりあえず空港おりたら、彼の父、弟とが車で迎えに来てくれました。

あ~どんなキャラでいったらええかな・・

本当の私は「聞いて!聞いて!」的なお喋りなのですが、引かれたり嫌われたらいやなので自分の素をだすのは結婚してからにしようとなんとなく決めてる。

なので、彼の父の車の中で私はたま~にごくたま~に会話に入る&少し笑い声をだすに徹底していました。彼もたまに話ふってくれたりしたしありがたかった。 

その後彼の家でも特に何か話すというわけでもなく、基本的には飼っている犬とず~っと戯れて遊んでいました。(こういうときにペットの存在ってかなりありがたい。何したらいいかわかんないし。)

彼家族も私に話しかけるって感じではなく、彼と話したそうだったしいいの(´;ω;`)

 

彼のお母さんと彼と3人でお話をして、12時回ってたこともあり、お風呂へ!

お風呂にいって驚いた・・

お風呂にテレビがついている!!

金持ちの象徴だ・・(偏見?)

なんかよさそうなシャンプー数種類ある!

トリートメントも複数ある・・

彼家との生活水準の違いにおよおよしました。

 

私の家はそこそこお金に困ってはいませんでしたがとてもケチ。

他の人の生活を知って、自分の生活水準が低いことを知ったのでした。

・バスタオルは使わない、柔軟剤は使わずぞうきんみたいなフェイスタオルで体を拭く

・シャンプーは詰め替え必須。(ボディソープのボトルにシャンプーいれちゃう)

とか。

ケチというか、細かいことは気にしない精神だったのかも。

そのおかげで今少しずつお金が貯められているのは感謝している。

 

しかししかししかし、

めっちゃええ生活しているやんって思ってしまった。少し引け目を感じたのは事実です。彼家族は鼻の穴が少し見えているから、浪費家なんかもしれない

(テレビで鼻の孔が見える人は浪費家、見えない人は節約家って言ってた)

もやもやしてて、彼に「家きれ~い」「生活水準高杉!」などいろいろ言い

「私の家は生活水準低いからね」と2回くらい先に言っておいた。

 

その2日後に私の家に初めて彼が来る予定だったので自分の家見て嫌われないかな・・とか思いました。

生活水準低い&家古い&汚れてても気にしない 私の家・・

でも家族の人柄についてはピカイチだと自信があります!!

 

少しずつ結婚に向けて進んでいっているかな。

アラサーがんばろう。結婚予定は未定。

また続きかきます。忘備録!!